事業再生に関して

事業再生に関して

事業再生と関連した制度としては事業を再生させる和解と会社整理(法廷管理)制度があって(会社・事業再生とは)、自発的な撤退を円滑にする企業入手、合併と企業分割制度、および企業の価値を増大させる企業改善作業(ワークアウト)等がある。

このような制度らが不良企業の撤退を促進させて一時的な危機に処した事業再生を保障できる制度である。
まず事業再生復制度に含まれた法廷管理、和議そして企業改善作業のワークアウトに対して調べてみることにする。

最初法廷管理という何だろうか? 法廷管理は企業が自力で会社を運営しにくい程借金が多い時、裁判所で指定した第三者が資金をはじめとして企業活動全般を管理することをいう。

すなわち不渡り危機に陥った企業を破産させるよりは生かすことが企業と債権者にはもちろん国民経済全般に対しても得するという点がこの制度の趣旨だ。

二番目に、和解とは何か? 和議は法廷管理とは違って借金をした側が債権者の協力を得て破産を防いでみようということだ。
すなわち和解というと債務者が会社を生かすから会社経営状態が良くなる時まで債務償還を猶予してくれと債権者に要請することをいう。

ワークアウト

最後にワークアウトの概念を調べてみればワークアウト(Workout)という用語は私たちには他の用語と同じようにとてもなじみがうすい概念だ。

辞書的意味は激烈な運動を通した訓練のことをいう。 トレーニングを通じて贅肉を取って筋肉を鍛えるということによって体質を改善するのを意味する。

強度が高い構造調整を通した企業の体質改善作業をこれに対し遠回しに言って使ったのだろう。

現在の通用されている'企業改善作業'という用語は最も正確な翻訳ではないのかと思う。 _上で調べたように資金の流動性不足で貸し出し金を返せない場合に資金回転にならなくて(地点に帰ってきた決済金額を防ぐことができない時)不渡りを出す。

不渡りを出す前金融機関と企業の協議を通じて企業の価値を増大させるための制度がワークアウトで不渡りを出した後、株主、債権者、利害関係者らが事業を再生させるための趣旨で作った制度が和解、法廷管理だ。

それならこれらワークアウト、法廷管理、和解はなぜ入ってくるのか。_ワークアウトは先に不良企業を破産させることより私的な契約、協議を通じて再生させることが有利だと判断される場合金融機関と企業が緊密に協議して改善作業を進行させることだ。