手形、小切手などの不渡り

手形、小切手などの不渡り

相手方企業からもらった手形、小切手などの不渡り、保証会社の不渡りなどにより経営上困難が加重されて多くの企業らが倒産と事業再生の岐路に直面している。

経営上黒字にもかかわらず自分の意志強制執行など債権行事によって営業行為を出来なくてやむをえず自分の資本が蚕食されて株価が下落して金融市場から敬遠されて結局黒字不渡りに集まる企業が多い。

"債務者事業再生および破産に関する法律"はこのような現実を直視して財政的危機に直面した企業にとって早期に事業再生手続き開始申請をするように誘引するために既存経営者管理人制度を導入するなど管理人制度に対し大幅な変更を加えた。

すなわち従来の裁判所から整理計画の遂行状況を監督受けなければならない手続きより経営者の既存経営権を保障して債務者の代表者は法律、事業再生計画、静観などによって自律的に決めるようにするので事業再生は個人再生と同じように経営者のための良い制度に間違いない。

事業再生の認可

事業再生の認可の有無は事業を継続する時の価値が事業を清算する時の価値より大きいと認められる時には事業再生を。

事業を清算する時の価値が事業を継続する時の価値より大きいと認められる時には裁判所は任意的破産宣告をする。 開始決定/破産産苦など進行事項は流れ道によく現れている。

事業再生の意義とは何か?事業の運営中、事業の継続に顕著な支障を招かなくては返済期の債務を返済できなかったり破産の原因の事実が発生する恐れがある財政的困難に出会った企業が事業を継続した時の企業価値が事業を清算した時の価値より大きいならば債務者が事業を継続できるように債務調整および減少で債務者の再起を助ける制度である。

結局、事業再生制度は会社の資産状態と営業状態を詳細に調査して合理的な事業再生計画案を作成してこれに対し債権者の同意を得て債権者、株主、経営権者が相互共存できる良い制度だ。