事業再生の特徴

事業再生の特徴

事業再生は債務者には特別な事情がない限り現在の経営者を管理人で選任してその法人の経営ノウハウを通じて会社を回復できて、債権者には清算する時より多くの配当を受けることができる利益があるから債権者および債務者に必ず必要な制度といえる。

事業再生は借金を企業が耐えられることができる水準で調整して企業を生かす事だ。 アメリカ発経済危機と長期的な不況で裁判所に事業再生を申請する専門職従事者らが急増しているようだ。 特に5千万円以上の債務者らが急増していてこれらの中には医師など医療界高所得専門職従事者らの数が急増している。

これらは事務室を新しく出したり拡張しようと貸し出しを受けて突然の景気低迷に対応無策になった場合が大多数らしい。

多くの専門職従事者らが債務超過状態で取り立てや差し押さえで苦痛を受けているけれど社会的地位と体面のために決定をすることができなくて心痛だけする場合が多い。

専門職および一般事業者は営業利益範囲内で最大10年間債務を分割償還して残存債務は嘆願を受けて再起の踏み台としている。

専門職だけでなく国内企業らも実物景気沈滞によって不渡り恐怖に苦しめられている。 未分譲に疲弊している一部建設企業等も満期到来した債務を適時に返すことができなくて苦戦している。

事業再生というのは統合倒産法により破綻直前の企業や個人事業者に対する債権者,株主,持分権者など利害関係人の法律関係および債務を調整してくれることである。

借金は企業が耐えられることができる水準で調整して一部債務は減少したり株式で切り替えて企業を生かす制度である。

特に事業再生手続きが進行されれば既存債務返済、利子支給などが猶予されてこれを事業再生資金で使用できて職員らの賃金債権をまず返済して失職を防いで裁判所の許可の下原材料購入資金決済など日常的な企業維持活動ができることが大きい長所だ。

事業再生の長所、短所

事業再生の長所:

①既存経営者の経営権維持可能_
②包括的禁止命令を通した競売などの強制執行禁止
③債権の権利変更
④債権支給猶予,減免
⑤賃金債権をまず返済
⑥債務者の権利保護条項を新設して債権者の無理な返済要求があっても裁判所が事業再生計画の中に対し強制なのかと思うことができて合理的な返済計画を樹立
⑦債務者が営業を継続して返済できる程度だけ10年間返済して残りは減少受けられるし、営業所得が増加する場合債務を早期に返済することもできる。

事業再生の短所:
①主要経営上意志決定の裁判所の許可 _
②既存株主に対するジャガイモなど持分率下落の可能性
③整理解雇の可能性存在